戸建て住宅の省エネルギー計算HOUSE-省エネ

SAVEシリーズはこちら

戸建て住宅の省エネルギー計算から届出書類作成までこれ一本

HOUSE-省エネは、建築物省エネ法に基づく、平成28年省エネルギー基準に準拠した、戸建て住宅向けの省エネルギー計算ソフトです。

住宅の外皮性能(UA値ηA値)と一次エネルギー消費量の計算、省エネルギー等級や冷暖房費など、多彩な計算・出力機能を搭載。戸建て住宅の省エネルギー設計、届出業務をトータルに支援します。

戸建て住宅の省エネルギー計算から届出書類作成までこれ一本

建物モデルから外皮性能(UA値ηA値)を計算

建物モデルから外皮性能(UA値ηA値)を計算01

建物モデルから外皮性能(UA値ηA値)を計算02

HOUSE-省エネの特長

間取り入力で簡単集計

間取り入力で簡単集計

間取り図を描くような簡単な操作で住宅モデルを入力。外皮面積や熱橋を、住宅モデルから自動で判別・集計。

各種構造に対応

各種構造に対応

木造(軸組/枠組)・RC造・S造など、さまざまな構造に対応し、混構造も計算可能です。

データ連携

データ連携

HOUSE-DOCやBIM、住宅プレゼンソフトのモデルデータのインポート機能で、HOUSE-省エネの入力作業を軽減できます。

様々な性能表示

様々な性能表示

ZEH/ZEH+(Net Zero Energy House)の評価や、住宅版BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)、HEAT20の表示にも対応しています。さまざまな性能基準の判定を一覧で確認しながら、設計段階で検討できます。

HOUSE-省エネの活用方法

省エネ性能を保ちつつ、建築コストを抑えたい

CASE01省エネ性能を保ちつつ、建築コストを抑えたい

断熱材の厚みや、窓ガラスの性能を変えながら、設計値を即座に算定できますので、設計値が基準値を上回らないように、ギリギリを狙う経済設計ができます。

ZEH住宅を設計したい方へ

CASE02ZEH住宅を設計したい方へ

ZEH住宅は、太陽光発電システムなどの再生可能エネルギーシステムを導入することが求められます。この「創エネ」で創り出すエネルギーが、消費するエネルギーを上回るようにしなければなりません。HOUSE-省エネはこの「省エネ量」と「創エネ量」を同時算定し、ZEH評価を行います。

データ連携

CASE03フラット35で住宅ローンの金利優遇を受けたい方へ

HOUSE-省エネを利用して算定、出力した計算書類は、長期優良住宅認定の申請図書として利用可能です。長期優良住宅の認定を取得すると、フラット35で住宅ローンの金利優遇を受けられます。

HOUSE-DOCデータをインポートし、耐震診断と省エネ診断

CASE04HOUSE-DOCデータをインポートし、耐震診断と省エネ診断

木造住宅の耐震診断・耐震補強計算ソフト「HOUSE-DOC」のデータをインポートすることができます。耐震診断に引き続き省エネ計算も可能です。

機能紹介

インポート機能

インポート機能

BIMモデル読込や図面トレースに対応
● インポート対応ファイル形式
ifc, dwg, dxf, jww, jwc, mps, mpz
● HOUSE-DOC
● 3Dマイホームデザイナー

入力

入力

多彩な入力
● CAD図トレース
● 熱橋の入力と自動生成
● 基準に準拠したライブラリ
● 直接入力機能

計算

計算

届出に必要な計算をカバー
● 外皮性能(UA値ηA値)
● 一次エネルギー消費量
● ZEH/ZEH+
● 冷暖房コスト

データチェック機能

データチェック機能

誤入力、未入力を事前に確認
● エラープリチェック機能
● 省エネ等級判定アシスト

プ出力レゼン

出力

省エネ計算書PDF出力/CAD図面出力に対応
● 届出用計算書一式
● ZEH/ZEH+・HEAT20の表示
● 冷暖房コスト
● 図面

データ比較

データ比較

仕様変更の効果を数値でわかりやすく表示
● リアルタイム計算
● 改修前後の断熱性能比較
● 冷暖房費比較

※1 適用範囲外の主な建物形状
・傾斜した壁
・円弧形状の壁・床・天井・屋根
・矩形ではない屋根
・複雑な形状の開口

予備知識・基準等

計算書の提出についてのお知らせ

国土交通省より以下のような告知の依頼がありました。
「一次エネルギー消費量に関する審査を円滑に進めるために、一次エネルギー消費量の計算書については、建築研究所のWEBプログラムで出力された計算書の提出を推奨しています。」

Web API

建築研究所の計算プログラムAPI(Web API)と連携し、
計算結果や帳票を取得しています。

準拠している基準等

国土交通省令・経済産業省令第一号「建築物エネルギー消費性能基準等を定める省令」および下記の基準類に基づいています。

WEB

建築物のエネルギー消費性能に関する技術情報
(国立研究開発法人 建築研究所(協力:国土交通省 国土技術政策総合研究所))
https://www.kenken.go.jp/becc/

書籍

国土交通省国土技術政策総合研究所
国立研究開発法人建築研究所 監修
平成28年省エネルギー基準に準拠した算定・判断の方法及び解説
国土交通省住宅局住宅生産課 編集
必携 住宅の品質確保の促進等に関する法律

※上記図書に準じた計算に必要なデータは、本ソフトウェアに含まれていますが、図面からの各入力項目の拾い方、届出書の作成方法などについては、上記図書をご参照ください。

計算内容

建物全体

一次エネルギー消費量、一次エネルギー消費量等級

住戸部

外皮平均熱貫流率(UA値)
平均日射熱取得率(ηA値)
壁等の熱貫流率、窓の日射取得量補正係数等
一次エネルギー消費量
概算冷暖房費/年間暖冷房負荷
一次エネルギー消費量等級
断熱等性能等級

共用部

一次エネルギー消費量
エネルギー使用量
光熱費
CO2排出量

HOUSE-省エネの
資料・体験版・購入はこちらから。

ページトップへ戻る