建築設計・製図CADDRA-CAD

機能紹介

操作性

操作性

● フローティングウィンドウ
● パレット・ウィンドウ
● レイヤパレット
● 柔軟な操作体系
● 簡単に画像やパーツを配置

高速処理

高速処理

● DirectXによる高速な描画モード
● マルチコアCPUに対応したレンダリング
● 分散レンダリング

互換性

互換性

● DWG/DXFの互換性
● JWW/JWCの互換性
● 一括変換機能
● PDFをCAD変換
● 過去のDRA-CAD形式も完全対応

効率的な図面修正

効率的な図面修正

● 文字編集
● 図面管理
● 図面比較
● レイアウト機能
● ドキュメントパレット
● 自動データ保存

建築法規

建築法規

● 日影計算
● 天空率計算
● 平均地盤面の算定
● 平均地盤面の算定木造壁量計算とN値計算、柱と壁の直下率計算
● 必要図書チェックリスト
● トイレの適正器具数算定

図面省力化

図面省力化

● 複数図面串刺し編集
● 求積図自動作成
● 構造図専用コマンド
● 電気設備専用コマンド
● タイル割り付け最適化コマンド
● 3次元モデルと連動した2次元図面

プレゼンテーション

プレゼンテーション

● 画像ファイル編集・挿入
● 塗りつぶし・ハッチング
● 注釈文字入力
● 平面パース・断面パース
● Google Earthに建物を配置

アニメーション

アニメーション

● ウォークスルー
● レイヤアニメーション
● 日影アニメーション

レンダリング

レンダリング
データ提供:株式会社秦・伊藤設計 様

● レイトレーシング
● フォトンマッピング
● ステレオレンダリング
● パノラマレンダリング
● 分散レンダリング

データ連携

データ連携

● i-ARMとの連携
● BIMデータの読み込み
● SketchUpデータの読み込み
● 3次元データの書き出し
● 画像を線分に変換
● SAVE-建築/LAB-SS連携

オプションコマンド開発

オプションコマンド開発

● 柔軟なカスタマイズが可能
● VisualBasicでの開発
● 開発キットの無償提供


オプションコマンド開発室

DRA-CADの
資料・体験版・購入はこちらから。

動画

ひらめきやアイデアを持ち出す

『DRA Viewer』は誰でも手軽に利用できる、DRA-CAD二次元図面ビューワーアプリです。 お手持ちのiPhoneやiPadを使って、いつでもどこでもDRA-CAD図面を活用することができます。 このアプリを使えば、DRA-CADで作成した素晴らしい図面資産やアイデアを、いろいろな場所に持ち出して多くの方々に伝えることができます。

ひらめきやアイデアを持ち出す

Jw_cadから乗り換える7つの理由を解説

Jw_cadからDRA-CADへ乗り換える方へ向けた資料です。 7つの視点から、CADの違いを分かりやすく解説します。 PDF資料もございます。

Jw_cadから乗り換える7つの理由を解説

DRA-CAD 30年 その強みと可能性

私はDRA-CADの誕生と同じ30年前に日総建に入社し、まもなくDRA-CADと出会いました。思考を妨げない操作性、入力の自由さ、データ互換性、3D、日影、などがアドインなしに実現できるなど、DRA-CADには多くのの強みがあり、日総建では、30年間標準CADとして使い続けています。 今回は、日総健でのDRA-CADを活用した設計手法をご紹介するとともに、BIMやAIとも関連したDRA-CADの今後の可能性について、期待することをお話しします。
勝山 真 氏 株式会社 日総建 設計本部 設計1部 技師長

DRA-CAD 30年 その強みと可能性

Youtubeでまとめて見る

DRA-CADの
資料・体験版・購入はこちらから。

機能一覧

スピード ver18 ver17 ver16
GDI描画モードで図面表示を高速化
パンニングやズームアップダウンの連続操作性を向上
レイアウトの描画を高速化
塗りやハッチング、矩形割付などにおける閉領域の検索を高速化
モバイル&クラウド ver18 ver17 ver16
モバイル端末で閲覧や注釈が行える「DRA Viewer」を活用
クラウドストレージへ読み書きできる
整合性と省力化 ver18 ver17 ver16
図面を「読み取り専用で開く」
「図面管理」でファイルの履歴を差分表示などで把握できる
「図面管理」でファイル間の相違を抽出したり、合成できる
文字編集の履歴から、修正すべき文字列を通知する「修正アシスト」
操作性 ver18 ver17 ver16
決まった順番でコマンドを連続実行する「マクロ」機能
コマンド実行中に、マウス両ボタン押しで拡大や全図形表示ができる
引出し線や寸法線、パッケージ内の文字を「文字囲み」できる
プレビューやレイヤー順の変更などが可能になった「レイヤーパレット」」
分解をしないでパッケージの中を直接編集できる「パッケージ編集」
マルチモニターで複数図面の作業性向上「フローティング・ウィンドウ」
複数範囲印刷の印刷範囲ごとにファイル保存「印刷範囲で分割保存」
設定したスナップモードへ順番に切り替わる「トグルスナップ」
カラーパレットで使用中の色を確認できる
二次元製図 ver18 ver17 ver16
「寸法線」で追い寸法(累進寸法)を作図できる
等間隔に図形を複写できる「連続等間隔複写」
連番になる文字列を記入する「文字の連番記入」
文字の前後に任意の文字列を追加する「文字の前後追加」
三段での表記に対応した「建具記号」
指定した長さ以下で「等分割」できる
二次元図面から展開図のベースラインを作成する「展開図(2D)」
自動的に寸法線作成時の記入縮尺を考慮した編集ができる
図面表現 ver18 ver17 ver16
HPや図面に書ききれない情報を格納できる「QRコード」挿入
半透明の塗り図形がある図面で、線や文字をシャープに印刷できる
電気設備設計 ver18 ver17 ver16
電気設備用のシンボル記号を配置する「シンボル呼出」
計画照度を満たす器具の配置を計算する「照明割付(照度計算付)」
配線を自在に作図する「配線」「渡り配線」「矢印付配線」「自由配線」
配線図で交差する線分を一定の長さでカットする「線カット」
配線図で交差する線分をカットして図形を配置「線カット図形記入」
配線図立上げ、引下げの図形を作図する「立上げ記号呼出」
配線条数や配線傍記を記入する「条数記入」
回路数から電灯分電盤を作図する「電灯盤作図」
回路番号などの記号を作図する「文字記号記入」
構造設計 ver18 ver17 ver16
指定した開口部(ポリライン)に対して「開口補強筋」を作図
集計、計算 ver18 ver17 ver16
X,Y方向長さのリストから一括配置可能になった「領域作成」
文字の数値部分を四則計算する「文字の計算置換」
2015年版 建築物の構造関係技術基準解説書の補正値で「N値計算」
3D「天空図」で、計画建物と適合建物の比較欄に天空率の差を表記
※LEは非対応
敷地形状(ポリライン)と高さ文字列から「平均地盤面算定」
木造建物の安全性を「柱と壁の直下率計算」で確認できる
三次元設計 ver18 ver17 ver16
3D自分で作成した図形を伸縮して配置できる「ストレッチパーツ」
※LEは非対応
3DSketchUp 2019形式の読み書きに対応 ※64bit版Windowsのみ
※LEは非対応
3Dレイアウト図面に3Dモデルを立面や断面で表示「ビューポート」
※LEは非対応
3D3Dデータを「SketchUp形式で保存」できる ※64bit版Windowsのみ
※LEは非対応
3D任意の範囲だけ表示してモデリングできる「表示範囲指定」
※LEは非対応
3D三次元データから「立面図」「断面図」を作成できる
※LEは非対応
データ変換 ver18 ver17 ver16
すべてのOSで、A3サイズより大きく「リンク貼り付け」ができる
画像形式を指定して「オブジェクトの図形化」ができる
「ドキュメントパレット」や「一括変換」でXML(mpxl)形式に対応
図面を「HTML形式で保存」できる
「オブジェクトの図形化」でエクセルオブジェクトなどを画像に変換
AutoCAD2018形式の読み書きに対応
257以上のレイヤーが使われたDWG/DXFを整理して読み込む
文字サイズを同じにしてJWWへ自動変換できる

DRA-CADの
資料・体験版・購入はこちらから。

DRA-CADの
資料・体験版・購入はこちらから。

ページトップへ戻る