建築設計・製図CADDRA-CAD

第61回 帯筋文字

【概要】

「帯筋文字」コマンドは、帯筋(フープ)またはあばら筋(スターラップ)の状態を表す記号と文字列を作成するコマンドです。帯筋の状態を表す記号の縦横の本数、鉄筋径、ピッチを選択するだけで、記号と文字列を作図します。
記号や文字に変更があった場合も、「帯筋文字」コマンドで作成した文字は、クリックで置き換えることができます。


帯筋文字コマンド


【操作】

帯筋文字の配置

1.「帯筋文字」コマンドを実行します。

リボンメニュー:[作図]メニュー→[構造図]パネル→帯筋文字
プルダウンメニュー:[構造]メニュー→帯筋文字

2.帯筋の状態を表す記号は、縦線と横線の本数をプルダウンリストから選択します。
3.鉄筋の径とピッチも設定されたリストから選択します。

  径とピッチのリストは[編集]ボタンから編集できます。

4.[パッケージ化]に☑を入れます。

  パッケージにして配置しておくと、変更があった場合に記号と文字が置き換えられて便利です。


帯筋文字の配置


5.実行すると、カーソルに設定した記号と文字が表示されますので、配置します。


配置


配置した帯筋文字の置き換え

1.縦線3本、D13に変更します。
2.[置き換えて作図]に☑を入れて実行します。

置き換え


3.配置した文字の上でクリックすると、置き換わります。


置き換わる


記号を描かない場合は、縦線、横線をなしに設定します。[-]や[@]はボタンを押すごとに、作図する/しないの設定ができます。設定した内容はプレビューで確認できます。

縦線、横線設定


【補足】

※「帯筋文字」はDRA-CAD15以降のバージョンでお使いいただけます。


DRA-CADの
資料・評価版・購入はこちらから。

ページトップへ戻る