建築設計・製図CADDRA-CAD

第58回 開口補強筋

【概要】

DRA-CAD16より追加された、「開口補強筋」コマンドをご紹介します。
指定した開口部(矩形、円)に対して、開口補強筋を作図し、同時に開口部の鉄筋が中抜きされます。複数の開口全体で一つの開口補強を作図することもできます。


「開口補強筋」コマンド


【操作】

1.「開口補強筋」コマンドを実行します。

リボンメニュー:[作図]メニュー→[構造図]パネル→開口補強筋
プルダウンメニュー:[構造]メニュー→開口補強筋

2.項目を設定して実行後、矩形(閉じたポリライン)および円の開口部を選択します。

補強筋が作図され、同時に開口部の鉄筋(線分)が中抜きされます。


例1:縦筋 1本/横筋 1本/斜め筋 1本

ex 1


例2:縦筋 1本/横筋 1本/斜め筋 1本/ ☑ 円形開口の斜め筋は縦筋横筋と同じ長さ

ex 2


複数の開口部を選択すると、開口部全体で一つの補強筋を作図します。


例3:縦筋 2本/横筋 2本/斜め筋 2本/ ☑ 複数の開口選択で1つの補強

ex 3

DRA-CADの
資料・評価版・購入はこちらから。

ページトップへ戻る