日影・天空率・斜線と日射量計算ソフト【LAB-SS】新機能紹介
イベント 製品案内 ダウンロード サポート 会社案内
トップページ製品案内プログラム>LAB-SS 新機能紹介

日影・天空率・斜線と日射量計算

LAB-SS Ver.3 新機能紹介


BIMデータ読み込みに対応!情報活用機能を大幅強化

BIMデータ(IFC形式)やSketchUpデータ(SKP形式)の読み込みに対応し、入力作業の効率化が大幅に向上しました。
また、国土交通省がインターネットで公開している国土数値情報から敷地情報を取得できます。
さらにWindows 64 ビット版に対応したことにより、大規模な建物データでも快適に作業できます。

BIMデータの読み込み

IFCデータを読み込み、壁・スラブ・柱・梁などの部材を建物データとして読み込めます。
定義されている方位や緯度経度情報をそのまま利用できます。

※IFC形式:BIMの国際標準フォーマット。

BIMデータの読み込み LAB-SS Model Assist

このページの上へ

外部プログラムとの連携

SketchUp(SKP形式)の3次元形状を、建物データとして読み込めます。
また、敷地の位置をGoogleマップ上に表示することができます。

外部プログラムとの連携 LAB-SS SketchUp

このページの上へ

Windows 64 ビット版に対応

PCに搭載しているメモリーを有効に利用でき、大規模・大容量なデータでも快適に作業できます。

このページの上へ

国土数値情報の活用

国土数値情報連携ダイアログ
国土数値情報連携ダイアログ
国土数値情報ダウンロードサービス(http://nlftp.mlit.go.jp/ksj/)からダウンロードしたデータを用いて、緯度経度から用途地域・建蔽率・容積率を取得できます。

国土数値情報ダウンロードサービス
国土数値情報ダウンロードサービス

このページの上へ

印刷/表示機能の強化

かんたん印刷

印刷ダイアログ(作業ウィンドウ)
印刷ダイアログ(作業ウィンドウ)
出力結果をレイアウトして出力するLAB-LAYOUTのほか、画面に表示されている図を直接プリンターに出力できるように対応しました。

影のアニメーション表示

OpenGLを利用した高速描画で影の動きをアニメーション表示できるようになりました。
AVI形式の動画ファイルとしても書き出し可能です。

影のアニメーション表示

このページの上へ