日影・天空率・斜線と日射量計算ソフト【LAB-SS】製品紹介
イベント 製品案内 ダウンロード サポート 会社案内
トップページ製品案内プログラム>LAB-SS 製品紹介

日影・天空率・斜線と日射量計算

LAB-SS


ボリューム検討から法規チェック、さらに環境シミュレーションまでカバー

LAB-SSは、建築設計の企画から実施設計までのさまざまなシーンで活用できる環境系統合ソフトです。
建築計画時の最大ボリューム検討や、確認申請に必要な日影・斜線・天空率計算だけでなく、省エネルギー、環境配慮のための日照・日射シミュレーションやプレゼンテーションにも利用できます。
また提出図書を見栄えの良いレイアウトで迅速に印刷でき、ナビゲーションに従ってマウスで簡単にモデリングできる優れたインターフェースを備えており、作業が快適に行えます。 さらにBIMデータやCADファイルを利用することで入力作業を大幅に軽減でき、Windows 64 ビット版への対応でPCに搭載されたメモリー空間を有効に利用できます。

 :LAB-SS注目機能

操作概要(入出力・データ読み込み)

豊富な印刷機能

LAB-LAYOUT
LAB-LAYOUT
画面に表示されている図を素早く印刷する機能に加え、柔軟な印刷レイアウトを行えるLAB-LAYOUTも搭載。カスタマイズ可能なテンプレートファイル(書式指定を行ったマスターシート)を指定することで、提出図書の出力、レイアウトが簡単に行えます。
建築基準法にのっとった提出図書を過不足なく出力できます。

BIM・CADデータの利用

BIMの国際標準フォーマットであるIFC形式に対応し、建物形状・敷地データだけでなく、IFCデータで定義された方位や緯度経度情報を読み込むことができます。
またCADデータを敷地や建物の入力データに変換したり、下書き用のトレース図としても利用できます。
SketchUpの図形も建物データとして取り込むことができます。

画像データの利用

画像ファイルもCADデータと同様、下書き用のトレース図として利用可能です。FAXで送られてきた敷地をスキャナーで取り込んでトレースできます。

地図、国土情報の活用

国土数値情報ダウンロードサービス(http://nlftp.mlit.go.jp/ksj/)に対応し、敷地の緯度経度から用途地域・建蔽率・容積率を取得できます。
また、敷地の位置をGoogleマップ上に表示することができます。

対応ファイル形式
CAD mps、mpz、mpx、mpw、mpp、dwg、dxf、jww、jwc、sfc、p21
画像 bmp、jpg、jpeg、tif、tiff、png
その他 ifc、skp

このページの上へ

日照時間・日射量の検討

指定位置での日照時間、日射量の確認

計画建物が周辺建物に及ぼす日射の影響について、算定点を指定して計算することができます。1時間から1年の期間を指定でき、ヒストグラムの表示や計算値のテキスト出力が可能です。

面への日射量

面への日射量
面への日射量
任意の面を指定して1日分の日照時間、日射量を計算します。
矩形のメッシュごとに計算され、色分布画像として表現します。
平面だけでなく垂直や斜めの面の計算も行えます。

日射の遮蔽効果の確認

日射の遮蔽効果の確認
日射の遮蔽効果の確認
ひさしや軒の出、ルーバーなどによる室内や壁面への日照の遮蔽効果が、数値としてだけでなく視覚的に確認できます。

このページの上へ

法規制に関するチェックと検討

日影計算

日影計算
日影計算
冬至だけでなく任意日または赤緯等の直接指定でも日影計算が可能です。 追跡法により精度の高い等時間日影図を高速に作成できます。

※日付を指定すると平均的な太陽軌道に基づき赤緯と均時差を算出します。

斜線制限

斜線制限計算
斜線制限計算
斜線制限(道路、隣地、北側)による高さ規制に対するチェックを行います。
斜線制限に対する計画建物の断面図を作図します。

天空率計算

天空率計算
天空率計算
斜線制限による高さ規制が不適合の場合に、緩和規定として天空率計算を行うことができます。適合建物と計画建物の天空率比較表により、不適合になる算定点の位置が一目で分かります。

天空率の適合建物と算定点の自動生成

適合建物と天空率算定点の自動生成機能により、これまで作成が面倒だった道路・隣地・北側斜線に対するそれぞれの適合建物形状と、天空率の算定点を自動生成します。

JCBAの天空率運用基準に対応

日本建築行政会議(JCBA)編集の「建築確認のための基準総則 集団規定の適用事例 2013年度版」に準拠しています。

高さの異なる複数の地盤面がある場合の適合建物と天空率算定点自動生成 入り隅敷地における適合建物・天空率算定点自動生成の変更

このページの上へ

建築可能空間の算定


建築可能空間計算(朝型・昼型・夕型・高層型)

敷地から最大ボリューム算定

敷地の形状や法規条件と建物の階高、敷地からの壁面後退を入力するだけで、最大ボリュームが算定できます。
日影規制、斜線制限または天空率を計算し、法規上問題のない建物形状を生成します。
建蔽率、容積率も確認できます。

逆日影計算

日影規制を満足する建築可能空間を計算します。
LAB-SSでは朝型・昼型・夕型・高層型の4つの計算タイプを用意しており、敷地や周辺の状況、建物の用途に応じた建築可能空間が得られます。

逆天空率計算

逆天空率計算(高層型・低層型)
逆天空率計算(高層型・低層型)
計画建物を天空率の制限を満たすような形状にカットします。
高さ方向をカットする低層型と、横幅をカットする高層型の2つが選択できます。

鳥かご図・等高線図

鳥かご図・等高線図
鳥かご図・等高線図
指定した階高でボリュームを確認でき、等高線図として表現することで、平面図として建築可能な領域を検討できます。

このページの上へ

多彩な出力

時刻日影図・等時間日影図

時刻日影図・等時間日影図・日影形状算定表
時刻日影図・等時間日影図・日影形状算定表
指定した時間間隔の時刻日影図、等時間日影図のほか、任意日、任意時刻の日影図を作成できます。隣地にある建物の壁面に対しても、時刻日影図や等時間日影図を作成できます。

天空率・天空図

天空率算定一覧表
天空率算定一覧表
天空率算定点で指定した位置の天空図を作成し、天空率を計算します。適合建物と計画建物の天空図、天空率を並べて表示、比較検討できます。

日影チャート図

日影チャート図
日影チャート図
指定した地点の日影時間と日照時間を秒単位で計算し、バーチャート図を作成します。

日差し曲線図

作業ウィンドウ上の日差し曲線図
作業ウィンドウ上の日差し曲線図
指定した地点と各時刻の、太陽の位置を結んでできる面を計算します。建物が太陽を遮る部分を3次元で確認できます。

天空率算定求積図

確認申請時に必要な三斜求積による天空率を算定し、天空率算定求積図を出力できます。
同時に正射影図位置確認表も出力します。

全天空図・半天空図

天頂方向を見た天球の上半分を平面に投影した全天空図、南方向を見た天球を平面に投影した半天空図を作成できます。指定した地点で計画建物のどの部分が太陽を遮るのかが一目で分かります。

このページの上へ


「LAB-SS」は、株式会社建築ピボットの著作物であり、著作権およびその他の権利は株式会社建築ピボットに帰属します。