建築とマンション・住宅の省エネルギー計算SAVEシリーズ

省エネ製品の選び方

非住宅

DRA-CAD

SAVE-建築

※モデル建物法/標準入力法に対応

集合住宅

i-ARM

SAVE-建築

※戸建て住宅は『HOUSE-省エネ』をご覧ください。

複合建築物 (非住宅+住宅)

SAVE-建築

SAVE-建築

+

i-ARM

SAVE-建築

建築対象に合わせたパッケージ

建築物(非住宅)省エネ計算

SAVE-建築

省エネルギー基準の適合義務に必携のツール

マンション・住宅省エネ計算

SAVE-住宅

マンションの省エネルギー計算業務を大幅に軽減

よくあるご質問

3Dソフト、BIM初心者でも簡単に利用できますか?

トレース図(下図)として取り込み、それをトレースして入力を進めます。

SAVE-建築とSAVE-住宅ってどう違うの?

SAVE-建築は非住宅のソフト、SAVE-住宅はマンション、集合住宅、戸建て住宅を対象としたソフトです。 非住宅と住宅では、基準、計算法が異なるため、ソフトが分かれています。 複合用途の場合はそれぞれのソフトが必要になります。

3D老人ホームの用途の区分は?住宅?非住宅?

基本的に届出用途の判断は行政窓口との調整になりますので、行政庁にご相談下さい。 なお、高齢者の入居施設は、「高齢者の医療の確保に関する法律(旧:老人保健法)」に基づく施設の場合は「病院」、それ以外は使われ方の実態により住居、ホテル、集会所等の用途に該当すると考えられます。

計算結果の最終的な判断は?

設計値が基準値を下回れば省エネ基準に適合となります。

BEIとは何か

BEIとは、設計一次エネルギー消費量(その他一次エネルギー消費量を除く)の値を基準一次エネルギー消費量(その他一次エネルギー消費量を除く)で除した値をいいます。新築時の一次エネルギー消費性能基準においては、BEIが1.0以下であれば基準適合となります。

BIMソフトとの連携は取れますか?

ArchiCAD、RevitなどのBIMソフトから書きだされるIFCファイルのモデルをインポートすることができます。

省エネルギー計算プログラム利用者の会とは?会費など

省エネ基準は頻繁に改正されていきます。弊社は基準の改正に対応しソフトウェアをアップデートしていく体制をとっています。
お客様には、変更に対応した最新版のソフトのご利用とサポートを受けていただくために、年間5万円の会費を頂戴しています。

体験版はありますか?

体験版を用意しています。体験版は、出力とデータの保存ができない制限があります。

SAVEシリーズの
資料・体験版・購入はこちらから。

ページトップへ戻る