建築物(非住宅)の省エネルギー計算ソフト【SAVE-建築】製品紹介
イベント 製品案内 ダウンロード サポート 会社案内
トップページ製品案内プログラムSAVEシリーズ>SAVE-建築 製品紹介

建築物(非住宅)の省エネルギー計算

SAVE-建築


【建築物省エネ法対応】

省エネルギー基準の適合義務に必携のツール

イメージ SAVE-建築は、建築物省エネ法に基づく、平成28年省エネルギー基準に準拠した、建築物(非住宅)の省エネルギー計算ソフトウェアです。

建築物(非住宅)の省エネ性能評価方法である、標準入力法とモデル建物法の両方をサポートします。
外皮性能と一次エネルギー消費量を計算し、届出に必要な書類の作成を支援します。BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)表示や、ZEB(Net Zero Energy Building)評価にも対応しています。

リアルタイム計算機能により、省エネルギー性能を確認しながらデザイン検討が行えるため、設計変更にも威力を発揮。建築の企画から設計・運用・改修まで、幅広いシーンで活用でき、省エネルギー基準適合を支援します。

ユーザーレポート:株式会社 日本設計 様(PDF)

標準:標準入力法の機能
モデル:モデル建物法の機能


標準入力法

省エネ性能を追求するための機能が満載。設計検討に使える。

標準入力法モードでは、建物モデルと設備機器を入力し、面積拾いを自動化することで、煩雑な省エネ計算業務を大きく省力化します。

メイン画面

簡単モデリング

通り芯の交点にスナップしながら、複雑な形状も簡単に入力できます。

ガイドビュー

入力項目に応じた解説が表示されます。入力のアシスト機能として手引書を見なくても入力を進められます。

プロパティチップ

カーソルをマウスオーバーすると、部屋、壁などの設計情報を確認できます。

リアルタイム計算表示

設計途中でも値の確認ができ、繰り返しの検討が可能です。

3次元表示

外皮の熱性能や室の空調区分、建物用途を色分け表示できます。

出力ウインドウ

入力データのチェックや、計算実行時のステータスなど、さまざまな情報を表示します。


モデリング 標準 モデル

通り芯の交点にスナップしながら間取りを入力します。
「中庭」、「斜辺」、「隅切」、「複合通り芯」などの複雑な形状も簡単に入力できます。

モデリング


このページの上へ

BIMデータから部屋・開口の読み取り 標準 モデル

BIMの標準フォーマットであるIFC形式から部屋形状と開口データをインポートでき、大幅な作業軽減が図れます。
部屋形状が壁の内法形状で表現されている場合、壁芯形状に変換する機能を利用して、形状を編集する手間を削減できます。

BIMデータからSAVE-建築へのインポート BIMデータ SAVE-建築


ペリメーターゾーン表示 標準

ペリメータ−ゾーンは部屋形状から自動判定します。
北・北西・西・南西・南・南東・東・北東の8方位とH1・H2に分割して即座に画面表示され、同時に面積も確認できます。また、ゾーン面積表に連動したゾーン求積図も出力可能です。

ペリメーターゾーン表示
ペリメーターゾーン表示
  ペリメーターゾーン各階表示
ペリメーターゾーン各階表示

空調ゾーン 標準


空調ゾーン表示
入力されている部屋に重ねて、空調ゾーンを入力します。
空調ゾーンに空調機を登録することで、空調計算対象室における一次エネルギー消費量計算が可能になります。


BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)・ZEB(Net Zero Energy Building)に対応 標準

BELSは建築物の省エネルギー性能を評価・表示する制度で、ZEBはエネルギー消費量が限りなくゼロになる建築物を指します。
SAVE-建築では、リアルタイムでBELSとZEBの参考値や達成度を表示し、設計段階で検討できます。

BELS評価ランク
BELS・ZEB評価

このページの上へ

出力内容 標準

届出に必要なPAL*、一次エネルギー消費量計算結果、ペリメーターゾーン面積の根拠となる求積図などの図面や表を出力します。
また、2つのプランを比較したプラン別比較表を出力できます。改修前後の比較資料や、運用コストの算出資料として施主へのプレゼンテーション資料にも活用できます。

ペリメーターゾーン求積図
ペリメーターゾーン
求積図
  一次エネルギー消費量簡易出力(空調)
一次エネルギー消費量
計算結果
  一次エネルギー消費量簡易出力(空調)
プラン別比較表


このページの上へ



モデル建物法

非住宅の省エネ適合性判定に。設計変更も容易に、柔軟に。

モデル建物法モードでは、評価のために必要な入力項目を入力します。モデル建物法モードでもモデリング機能を搭載し、面倒な面積拾い、長さ拾いの業務から解放します。

メイン画面

瞬時に適合性判定

リアルタイム計算画面では、適合性を判定しながらの作業も可能です。


モードの切り替え 標準 モデル

モードは双方向に切り替え可能です。既存の標準入力法データをモデル建物法で評価できます。
また、モデル建物法で基準不適合となった場合でも、標準入力法で適合性判定を再評価できます(この場合、設備の入力は再入力となります)。

モードの切り替え


このページの上へ

建物モデルから計算用データへコンバート 標準 モデル

モデル建物法モードでは、建物用途や用途区分、外周長さ、非空調コア部の長さなどの基本情報のほか、開口部の仕様や断熱材の種類、性能などの外皮情報、そして設備機器情報を、計算用データとして入力します。
モデル建物法モードで計算用データを直接入力する方法(A)のほか、(B)または(C)の方法で入力情報をコンバートできます。

(B) モデル建物法モードの建物モデルから、計算用データ(基本情報、外皮情報)へコンバート

モデル建物法モードの建物モデルから、計算用データ(基本情報、外皮情報)へコンバート


(C) 標準入力法モードの建物モデルから、モデル建物法モードの計算用データ(基本情報、外皮情報、設備機器情報)へコンバート

標準入力法モードの建物モデルから、モデル建物法モードの計算用データ(基本情報、外皮情報、設備機器情報)へコンバート


エラーチェック機能(プリチェック) 標準 モデル

計算前に入力データのチェックを行い、エラーや警告を表示します。表示項目をダブルクリックすると、該当箇所が作業ウィンドウにハイライト表示され、確認しながら編集できます。
データの矛盾や不備を未然に防ぎ、時間を無駄にしません。

エラーチェック機能(プリチェック)


このページの上へ

非空調コア表示 モデル

モデル建物法の評価のために入力が必要な非空調コア部を、建物モデルから拾い出し、表示できます。

非空調コア表示 非空調コア表示 3D表示


複数用途集計ツールへ連動 モデル

複数用途によるプランでは、各用途ごとに、モデル建物法入力支援ツールの入力値ファイルを一括出力します。Webプログラムでは煩雑だった複数用途集計ツールへの連動がスムーズにできます。


出力内容 モデル

モデル建物法入力シートや届出様式の計算結果、入力シートによる入力内容の一覧表を出力します。

出力内容 モデル建物法入力シート 入力シートによる入力内容の一覧 計算結果


このページの上へ



Web API

Webサイトにアクセスすることなく、計算、出力

建築研究所の計算プログラムAPI(WebAPI)と連携し、計算結果や帳票を取得、表示します。

計算内容(標準入力法)

エネルギー消費性能計算プログラム(非住宅版)

外皮
外皮各部位の面積計算 外皮各部位の熱貫流率 外皮各部位の日射熱取得率
日除けによるη値の補正 ペリメーターゾーンの面積 PAL*基準値
PAL*設計値 BPI(Building PAL* Index)
一次エネルギー消費量
(BEI:Building Energy Index)
エネルギー使用量・光熱費・CO2排出量
空調/換気/照明/給湯/昇降機/効率化設備 電力/重油/灯油/LPG/都市ガス/DHC

計算内容(モデル建物法)

モデル建物法入力支援ツール

外皮
外壁面積 外皮の平均熱貫流率
窓面積 窓の平均熱貫流率 窓の日射熱取得率
BPIm
(Building PAL* Index model method)
建物の外周長さ、非空調コア部長さ
一次エネルギー消費量(BEIm:Building Energy Index model method)
空調/換気/照明/給湯/昇降機/太陽光発電

このページの上へ



入力・表示機能

建物外皮と設備機器を直観的な操作で入力。面積拾いを自動で行い、意匠設計者や設備設計者の手間を削減。設計情報と省エネルギー性能を可視化する機能を多数搭載。

設備機器を表形式で管理

あらかじめ登録されている空調、換気、照明、給湯、昇降機のリストから、使用する機器を設定します。 また、設計者が設備機器リストに追加登録することも可能です。

一括置換機能

外壁、屋根、床は材料の種類と厚さを組み合わせた材料層として登録できます。 同じ名前の材料層を一度で変更できる一括置換機能により、外皮材料の検討シミュレーションができます。

平成28年省エネルギー基準のデータベースを搭載

外皮材料と設備機器の一覧は、平成28年省エネルギー基準の最新データベースを搭載しています。
材料や設備仕様はライブラリに追加登録・編集できます。

建物モデルと設備機器のリンク

1つの建物モデルで、意匠設計情報と設備機器の情報を一元管理します。これによって意匠設計者、設備設計者間の情報の伝達がスムーズになります。 また、建物モデル(部屋)と設備機器がリンクしていますので、データの不整合が生じることはありません。


このページの上へ



計算・出力機能

外皮性能、一次エネルギー消費量に加え、CO2排出量や光熱費も計算できる。省エネルギー性能を確認しながらの設計検討が可能で、帳票や豊富な図面出力機能も搭載。

リアルタイム計算

リアルタイム計算画面
リアルタイム計算画面
建物モデル、設備機器を入力しながらリアルタイムにペリメータ−ゾーンが自動判定され、PAL*、一次エネルギー消費量を計算。
BELSやZEB性能も表示します。意匠設計者は外壁材料やガラス性能の比較検討に、設備設計者は機器のスペック検討に役立ちます。

複数案の検討

1つのプロジェクトで複数の検討案を扱えます。
基本計画段階で複数のプランを比較したり、平面計画や材料などの条件を変えた案を比較検討したりできます。

複合用途に対応

数の用途が混在していても部屋の用途を入力していくだけで、必要な省エネルギー計画書を出力できます。 複合用途でこれまで発生していた書類整理の手間が大幅に省力化できます。

入力シートの煩雑さを解消

SAVE-建築から出力される入力シート
SAVE-建築から出力される
入力シート
SAVE-建築に入力した建物モデルや設備機器の情報から、WEBプログラムのPAL*計算用入力シートと一次エネルギー消費量計算用入力シートを生成します。
すべての項目に自動的に入力されますので、記入ミスや転記ミス、各部位の面積の拾い漏れを防ぐことができます。


このページの上へ



準拠している基準等

国土交通省令・経済産業省令第一号「建築物エネルギー消費性能基準等を定める省令」および下記の基準類に基づいています。

WEB

建築物のエネルギー消費性能に関する技術情報
(国立研究開発法人建築研究所(協力:国土交通省 国土技術政策総合研究所))


書籍

国土交通省 国土技術政策総合研究所/国立研究開発法人 建築研究所 監修

※上記図書に準じた計算に必要なデータは、本ソフトウェアに含まれていますが、図面からの各入力項目の拾い方、届出書の作成方法などについては上記図書をご参照ください。


このページの上へ



計算書の提出についてのお知らせ

国土交通省より以下のような告知の依頼がありました。

「一次エネルギー消費量に関する審査を円滑に進めるために、一次エネルギー消費量の計算書については、建築研究所のWebプログラムで出力された計算書の提出を推奨しています。」


このページの上へ



適用範囲外の建物形状(主なもの)


このページの上へ



対応ファイル形式

対応ファイル形式
CAD mps、mpz、mpx、mpw、mpp、dwg、dxf、jww、jwc、sfc、p21
その他 ifc

このページの上へ



Q&A


SAVE-建築の利用ケースは幅広く、さまざまな業務の省力化が可能。

Q. 省エネルギー計算を専門に行っていますが、SAVE-建築があれば外皮性能や一次エネルギー消費量の計算が可能ですか。
A. 可能です。SAVE-建築は外皮性能や一次エネルギー消費量の計算から届出書作成まで行う統合ソフトです。
Q. 設備の改修工事で省エネルギー計画書の届出が必要になるのですが。
A. SAVE-建築で設備機器を入力し直すだけで、計算、届出書類が作成できます。部分的な修繕においても威力を発揮します。
Q. 外注のコストがかさむのですが、コストを抑えることはできますか。
A. 設計変更に強いSAVE-建築を導入すれば、設計者が容易に検討できますので、外注のコストは大幅に減ります。
Q. WEBプログラムの入力シート作成が非常に煩雑ですので、本来の業務とは別に時間を割くことができないのですが。
A. 建物モデルから自動的に設計情報を入力シートに書き出しますので、図面からの煩雑な集計作業、面積拾いの漏れはありません。本来の設計業務をしながら入力シートの作成が同時進行されることになります。

このページの上へ




購入価格が10%OFF!
SAVEシリーズ 新製品発売キャンペーン
2018年8月31日まで


※「SAVE-建築」は、株式会社建築ピボットの著作物であり、著作権およびその他の権利は株式会社建築ピボットに帰属します。