イベント 製品案内 ダウンロード サポート 会社案内
トップページスクール>東京校

スクールのご案内

建築ピボットスクール
東京校
大阪校






DRA-CAD15 2次元操作  DRA-CAD15 3次元操作 
LAB-SS ver.3 無料体験  SAVE-住宅 無料体験  SAVE-建築 無料体験 


構造システム主催のスクールはこちら

開催スクール製品:
一貫構造計算 [ BUS-5、HOUSE-ST1 ] 、一貫支援・その他 [ BUS-基礎構造 ] 
個別構造計算(応力解析・断面計算) [ FAP-3 ] 、振動解析 [ SNAP ] 
耐震診断 [ DOC-RC/SRC、DOC-S、DOC-3次診断、HOUSE-DOC ] 

お申込フォーム 

お申し込み先 (株)建築ピボット 営業本部  E-mail:event@pivot.co.jp  Tel:03-6821-1691  Fax:03-5978-6215
受講場所 (株)建築ピボット セミナールーム 東京都文京区関口2-3-3 目白坂STビル6階 地図
交通 地下鉄有楽町線 江戸川橋駅下車 1a出口から徒歩5分
お支払方法(有料コースの場合) お申込受付後、振込先を記載した請求書を発行いたします。受講日の一週間前までに銀行振込にてお願いいたします。
  • お客様のご都合により有料コースをキャンセルされた場合、講習費用の返金は承れませんので、ご注意下さい。
  • 受講日の一週間前までにお振込みが確認できない場合、ご予約は取り消しとさせていただきます。
  • 人数が規定数に満たない場合、開講を中止することがございますので、あらかじめご了承ください。
  • 無料のコースは多くのお客様にご利用いただく主旨のため、2回目の受講はご遠慮ください。

DRA-CAD15: 2次元操作 《編集の基本》
コース名/内容
DRA-CAD15 2次元基本操作コース -1日- ◆有料◆
\10,800-(税込)
DRA-CADアソシエイト会員 \5,400-(税込)

※2016年9月開講分より料金を改定させていただきました。
建築ピボットスクール料金改定のお知らせ

定員6名
2017/10/6(金) 10:00〜17:15 終了
木造住宅の図面を作図しながらDRA-CADの基本的な機能と作図に必要な操作を学習します。
  • 画面構成、スナップモード・選択モードの説明
  • 線分編集、図形編集、文字記入コマンドなどの習得
講習時の使用ソフトはDRA-CAD15

DRA-CAD15: 3次元の操作方法を基本から学習
コース名/内容
DRA-CAD15 3次元基本操作コース -1日- ◆有料◆
\10,800-(税込)
DRA-CADアソシエイト会員 \5,400-(税込)

※2016年9月開講分より料金を改定させていただきました。
建築ピボットスクール料金改定のお知らせ

定員6名
2017/10/17(火) 10:00〜17:15 受付終了
  • 3次元図形作成の考え方を基本から学習します。
  • 立体図形作成コマンド(壁・床・柱コマンド等)や2次元図形を3次元化するコマンド(引き伸ばし・立て起こしコマンド等)の他、材質の設定(着色・画像)、ライトの設定(光源)、レンダリング までの操作を習得します。
  • 【対象者】2次元操作が出来る方
講習時の使用ソフトはDRA-CAD15

LAB-SSの導入を検討されている方向けの無料体験コース
コース名/内容
LAB-SS Ver.3 無料体験コース -半日- ◇無料◇ 定員6名

※次回の開講日については、お問合せください。
  • LAB-SS Ver.3を使って、建築可能空間の計算や日影計算、天空率計算などの各種計算機能をご紹介します。
  • マウスを利用した簡単モデリング
  • 敷地から建築可能空間の算出方法
  • 日影計算、斜線制限、天空率計算
  • 簡単日影シミュレーション
講習時の使用ソフトはLAB-SS Ver.3

SAVE-建築: 建築物(非住宅)の省エネ設計の無料体験コース
コース名/内容
SAVE-建築 無料体験コース -半日- 【平成28年省エネルギー基準】 ◇無料◇ 定員6名
2017/10/30(月) 13:30〜16:30 募集中
建物モデル作成から計算書作成までの一連の操作を体験していただけます。
  • SAVE-建築の概要
  • SAVE-建築を利用したPAL計算
    - CADを利用した建物モデル入力
    - 外壁の熱貫流率、日射侵入率の確認
    - PAL値のリアルタイム計算機能による、外壁、建具の断熱シミュレーション
  • SAVE-建築を利用したPAL*計算
    - WEBプログラム(H28年基準)入力シートの出力、CSVアップロード(H28年基準)
    - 計算結果の確認と出力
SAVE-建築を、お一人1台のPCで操作していただきながら、ご体験いただけます!

講習時の使用ソフトはSAVE-建築

SAVE-住宅: マンション・住宅の省エネ設計の無料体験コース
コース名/内容
SAVE-住宅 無料体験コース -半日- 【平成28年省エネルギー基準】 ◇無料◇ 定員6名
2017/10/31(火) 13:30〜17:00 募集中
マンションの省エネ計算を、建物モデル作成から計算書作成までの一連の操作を体験していただけます。
集合住宅では、以前は熱的に不利な一部の住戸が計算対象でしたが、平成25年省エネ基準により、仕様の異なる全ての住戸の計算が必要となりました。
平成25年省エネ基準により増大した作業をソフトによる条件整理で省力化します。
  • 平成25年省エネルギー基準のポイント
    - 住宅に関するポイント
    - SAVE-住宅での対応
  • 平成28年省エネルギー基準の変更点
  • SAVE-住宅の特徴
  • SAVE-住宅でマンションのモデル作成から計算書作成まで(※当社にて準備する題材を使用致します。)
    - 住棟部のデータ入力
    - 住戸部のデータ入力
    - 住戸・間取りタイプ・外皮パターンの設定
    - 共用部の設備機器の入力
    - 計算書作成
SAVE-住宅を、お一人1台のPCで操作していただきながら、ご体験いただけます!

講習時の使用ソフトはSAVE-住宅

お問合せ先

株式会社 建築ピボット  イベント担当
〒112-0014 東京都文京区関口2-3-3
TEL:03-6821-1691  FAX:03-5978-6215

E-mail:event@pivot.co.jp