建築物(非住宅)の省エネルギー計算SAVE-住宅

SAVE-建築はこちら

機能紹介

モードの切り替え

モードの切り替え

集合住宅の入力に適した編集モード
● 住棟部編集モード
● 住戸部編集モード

入力

入力

多彩な入力
● 中庭
● 斜辺
● 隅切
● 複合通り芯
● 直接入力

入力補助機能

入力補助機能

効率的な入力に特化
● プラン反転
● 熱橋自動生成

データ表示

データ表示

わかりやすいデータ表示
● 仕様別部屋色分け表示
● 熱橋表示

計算

計算

届出に必要な計算をカバー
● 外皮性能(UA値ηA値)
● 一次エネルギー消費量
● 一次エネルギー消費量等級・断熱等性能等級判定量
● ZEH/ZEH+
● 冷暖房コスト

データチェック機能

データチェック機能

誤入力を事前に確認
● エラープリチェック機能

出力

出力

省エネ計算書PDF出力/CAD図面出力に対応
● 届出用計算書一式
● ZEH/ZEH+・HEAT20の表示
● 冷暖房コスト
● 図面

データ比較

データ比較

性能やプランの比較検討
● 複数案検討
● 改修前後の断熱性能比較
● 住戸の計算タイプ比較

動画

操作説明

機能概要

「入力・表示機能」、「計算・検討機能」、「WEBプログラムへの連携」の各項目の概要と特長を紹介します。

機能概要

入力・表示機能

編集モード、チーム作業支援、計算タイプ管理画面、最小限の間取り入力、多彩な入力と表示を紹介します。

入力・表示機能

計算・検討機能

計算内容と等級判定、計算図書とCAD出力、リアルタイム計算機能や複数案の検討、冷暖房費の比較や外皮パターンの違いによる比較を機能ごとに紹介します。

計算・検討機能

WEBプログラムへの連携

住宅・住戸に関わる3つのWEBプログラムすべてに対応しています。
「SAVE-住宅」から出力される、WEBプログラムの入力シートと出力ファイルの特長を紹介します。

WEBプログラムへの連携

Youtubeでまとめて見る

予備知識・基準等

計算書の提出についてのお知らせ

国土交通省より以下のような告知の依頼がありました。
「一次エネルギー消費量に関する審査を円滑に進めるために、一次エネルギー消費量の計算書については、建築研究所のWEBプログラムで出力された計算書の提出を推奨しています。」

Web API

建築研究所の計算プログラムAPI(Web API)と連携し、
計算結果や帳票を取得しています。

準拠している基準等

国土交通省令・経済産業省令第一号「建築物エネルギー消費性能基準等を定める省令」および下記の基準類に基づいています。

WEB

建築物のエネルギー消費性能に関する技術情報
(国立研究開発法人 建築研究所(協力:国土交通省 国土技術政策総合研究所))
https://www.kenken.go.jp/becc/

書籍

国土交通省国土技術政策総合研究所
国立研究開発法人建築研究所 監修
平成28年省エネルギー基準に準拠した算定・判断の方法及び解説
エネルギー消費性能計算プログラム(非住宅版)Ver.2 入力マニュアル
国土交通省住宅局住宅生産課 編集
必携 住宅の品質確保の促進等に関する法律

※上記図書に準じた計算に必要なデータは、本ソフトウェアに含まれていますが、図面からの各入力項目の拾い方、届出書の作成方法などについては、上記図書をご参照ください。

SAVE-住宅の
資料・体験版・購入はこちらから。

ページトップへ戻る