ぴぼToolBoxシリーズ【画像線分コンバーター】製品紹介
イベント 製品案内 ダウンロード サポート 会社案内
トップページ製品案内プログラム>画像線分コンバーター 製品紹介

ぴぼToolBoxシリーズ

画像線分コンバーター


画像を図面に、図面を画像に。多彩に変換!

手描き図面や画像で保存してある図面をベクトルの図面に変換します。画像図面の一部だけをベクトル図面に変換して、塗りつぶしたり、編集することが可能です。また反対に、CAD図面を画像として保存することができます。

読み込める画像形式 JPEG、TIFF、BMP、PNG、GIF
読み書きできる図面形式 MPS、MPZ、MPX、MPW、MPP、DWG、DXF、JWW、JWC、SFC、P21

画像線分コンバーター

多彩な変換方法

変換1 1ビット白黒画像の連続線部分を解析し、線分データに変換。
変換1
変換2 1ビット白黒画像の塗りつぶし部分の輪郭線を抽出し、ポリラインデータに変換。
変換2
変換3 画像の同じ色ごとのピクセルを塗りつぶし、ポリゴンの集まりに変換。
変換3
変換4 CADデータをカラー画像または白黒画像に変換。
変換4

このページの上へ

画像を線分化するために特別な画像編集機能を装備

ゴミ取り スキャナによる読み取り時のゴミを削除
白塗り 指定範囲内を白く塗りつぶし
細線化 太さのある図形要素を1ドットの画素に変換
輪郭線抽出 塗りつぶし領域の輪郭線を抽出
切り抜き 必要な範囲だけを新たな画像として切り出し
拡張/収縮 図形要素を一度拡張し、再度収縮することでスキャン時のでこぼこを修復
1/2縮小 大きすぎる画像を小さくする

※上記以外にも、回転/反転、色反転、色階層変更などを装備しています。

このページの上へ

線分化した画面はいろいろな形式で保存可能

DRA-CAD形式のMPS/MPZをはじめ、AutoCADのDWG/DXF形式、Jw_cadのJWW/JWC形式にも対応。さらにSXFにも対応しています。

このページの上へ

画像をポリゴンに変換すると

画像をポリゴンに変換すると、見た目は画像と全くポリゴンとしてDRA-CADなどで編集できます。

ポリゴン

このページの上へ

さまざまなCAD図面を画像に変換

建築用CAD図面のファイル形式を画像に変換します。カラー/白黒、解像度、用紙サイズを指定し、TIFF(G4圧縮)、PNG、BMPなどさまざまな形式で保存できます。

このページの上へ


※「画像線分コンバーター」は、株式会社建築ピボットの著作物であり、著作権およびその他の権利は株式会社建築ピボットに帰属します。