意匠設計者のための『省エネ勉強会』 シーズン2(全3回)2013年9月19日(木)よりスタート。
株式会社建築ピボット サイトマップ
イベント 製品案内 ダウンロード サポート 会社案内
トップページイベント> 意匠設計者のための『省エネ勉強会』 シーズン2(全3回)

意匠設計者のための

『省エネ勉強会』

― シーズン2 (全3回)―

テーマ 「事例から学ぶ住宅のエコ技術」


省エネルギーを中心とした建築における環境配慮の技術や、様々な取り組みについてご紹介する 「省エネ勉強会」を開催いたします。 実務や研究に携わっている方や、建材メーカーの方をお招きして、その現状と展望について講演していただきます。
今年の3月から5月に "シーズン1" (全3回)を開催し、多くのみなさまにご参加いただき、ご好評をいただきました。 "シーズン2" 「事例から学ぶ住宅のエコ技術」をテーマに3回にわたり開催いたします。
勉強会の後には情報交換の場として意見交換会(懇親会)も準備しております。ぜひお気軽にご参加ください。


■第1回■  9月19日(木) 開催

■SESSION 1 自然に寄り添う都会の暮らし エアコン無しで暮らす木と土と草の家  (70分程度)

■講師■ 建築家 林 美樹 氏 一級建築士事務所 株式会社 Studio PRANA 代表
photo2-1


住宅設計をする時に、住まい手にとって快適な環境を考えるのは当たり前のこと。しかし建物の性能を上げることだけではなく、街としても快適に暮らせるためのもうひと工夫をしたいものです。 建物の周囲にも気を配り、微気候をデザインし、都会のヒートアイランド対策にもなるような、そんな家づくりを目指しませんか?
今回は、屋根に野芝をのせ、エアコンなしで暮らす「武蔵野・草屋根の家」での試みを中心にお話したいと思います。

【CPD 認定講習】 単位:1 プログラムI D:00069224


林 美樹 氏

■SESSION 2 現場施工型後付け LOW-E ガラス「アトッチ」のご紹介 (30分程度)

■講師■ 井原 耕一郎 氏 AGCグラスプロダクツ株式会社

昨今の企業に求められている節電・省エネの気運に対して、ガラスメーカーである弊社が考える既築ビル改修方法。 窓近傍の快適性向上と省エネを目的として、これまで敬遠されてきた既築ビル(オフィス・商業ビル)向け窓開口部改修製品。
これまで無かった既存サッシ・ガラスをそのままに現場で施工する弊社「アトッチ」の特長についてお話します。


終了しました。たくさんのみなさまにご参加いただき、ありがとうございました。

第1回の内容はこちら


■第2回■  10月11日(金) 開催

■SESSION 1 関係性のデザイン 〜 閉じる家から開く家へ  (70分程度)

■講師■ 建築家 山田 貴宏 氏 一級建築士事務所 ビオフォルム環境デザイン室 代表
NPO法人パーマカルチャーセンタージャパン理事
  photo2-2

エコロジカルな住まいはエコ技術の搭載だけでは道半ばです。建物の外部の多様な要素と関係性を築くことなど重層的な対応が必要でしょう。それを足し算からかけ算の建築と呼んでいます。
建物の外部環境との関係性を結ぶパッシブな手法もさることながら、コミュニティやつくるプロセスまで含めた総合的なデザインが必要とされています。 その事例として、藤野・里山長屋暮らしプロジェクトをご紹介します。

【CPD 認定講習】 単位:1 プログラムI D:00069225


山田 貴宏 氏

■SESSION 2 節水・節湯でCO2削減 (30分程度)

■講師■ 木村 博幸 氏 TOTO株式会社 ESG推進部 環境商品推進グループ グループリーダー

日本は、「湯水のように」水の使える環境の様ですが、実際はそのインフラにおいても、エネルギーを使用しながら、水循環が成り立っています。 そうした中、節水・節湯商品は、我慢せずに快適性を保ったまま、世の中のCO2削減にも貢献します。
最新の節水・節湯商品の紹介をさせていただき、TOTOの環境貢献への取り組みについても説明させていただきます。


終了しました。たくさんのみなさまにご参加いただき、ありがとうございました。

第2回の内容はこちら


■第3回■  11月28日(木) 開催

■SESSION 1 『エアコンのいらない家のつくり方』
          〜自然のチカラで快適な住まいをつくる仕組み〜
  (70分程度)

■講師■ 設備家・環境エンジニア 山田 浩幸 氏 yamada machinery office合同会社(通称 ymo)所長

photo2-3


自然のチカラを最大限活用できる住まいなら、エアコンは必要ありません。建物のカタチや窓の位置に工夫を凝らせば、自然のエネルギー(熱、風、光など)を味方にした、 カラダに優しく快適な住環境が実現します。そのノウハウを分かりやすく解説します。
「窓から涼しい風を呼び込むにはどうすればよいか」「直射日光を効率的に遮る方法とは?」など。建物と住環境の快適さに関する素朴な疑問と解決策を紹介します。

【CPD 認定講習】 単位:1 プログラムI D:00069226


山田 浩幸 氏

■SESSION 2 住宅の最大熱負荷を軽減する「プラス太陽エネルギー」の手法 (30分程度)

■講師■ 清水 義則 氏 株式会社 長府製作所 東京支店 営業開発部 主査

住宅の熱負荷で最大のパーセンテージを占めているのは給湯です。 給湯による熱負荷を軽減するには、エネルギー変換効率に優れている太陽熱利用給湯システムが有効です。
弊社は、従来型ガス湯沸かし器との組合せを始め潜熱回収型ガス湯沸し器やヒートポンプ等の様々な給湯機器との組合せで、快適性と省エネを両立した給湯環境を作り上げる事を目指しています。


終了しました。たくさんのみなさまにご参加いただき、ありがとうございました。

第3回の内容はこちら


シーズン1(全3回、2013年3月〜5月開催)の内容はこちら

シーズン1(全3回)

会場・日程

日 程 第1回 2013年 9月19日(木)
第2回 2013年10月11日(金)
第3回 2013年11月28日(木)
会 場 (株)建築ピボット
本社セミナールーム
時 間 17:00〜20:30
(受付開始16:30〜)
住 所 東京都文京区関口2-3-3 目白坂STビル6階
会場地図

【交通】
東京メトロ 有楽町線「江戸川橋」駅
改札口から徒歩10分、1a出口から徒歩5分
定 員 30名
(事前申込必要)
参加費 1,000円(税込)
(当日ご来場の際にご用意ください。)

お問い合わせ先

■主催■
株式会社建築ピボット(構造システム・グループ)

■お問合せ先■
株式会社建築ピボット

●東京本社
TEL 03-6821-1691  FAX 03-5978-6215
〒112-0014 東京都文京区関口2-3-3 目白坂STビル
Email:event@pivot.co.jp