建築ピボット−ニュースリリース− 2016/10/6

新製品 建築設計・製図CAD

「DRA-CAD15 シリーズ」を新発売

このたび、株式会社建築ピボット(本社:東京都文京区 代表取締役社長:千葉貴史)は、建築設計・製図CAD「DRA-CAD15シリーズ」を新発売いたしましたので、下記の通りお知らせ申し上げます。

「DRA-CAD15シリーズ」は、データ連携の強化、構造や法規などの専門分野の機能の充実など、様々な改善を行った新バージョンです。 DRA-CADアソシエイト(会員サービス)を通じて先行して提供したものも含め、30以上の新機能を追加しました。直感的な操作性と高いカスタマイズ性で設計者を支援します。


「DRA-CAD15」メイン画面のイメージ

「DRA-CAD15」メイン画面のイメージ
(データ提供:深滝准一建築設計室 様)


「DRA-CADシリーズ」の概要

    DRA-CADは、直感的に目的の操作が行えます。国産の建築設計CADであり、生産性が高く、発売以来多くの設計者、技術者のみなさまにご愛用いただいております。 デザイン、シミュレーション、プレゼンテーション、基本設計、実施設計、行政への各種申請・届出、施工図作成、維持管理関連業務など、建築の企画から生産、運用までのあらゆる場面をカバーし、 様々な業種、職種の方々にご利用いただける設計支援ソフトです。 PDFのCADデータ変換をはじめ様々な形式のデータを有効利用でき、他社CADデータ(DWG/DXF/JWW)やSXFとの互換性に優れています。また、IFCファイルを介してBIMソフトとも連携できます。 面積表や建具表、法規対応機能、構造図作成コマンドも標準装備し、画像や文字の表現手法も多彩です。

今回のバージョンアップについて

    建築ピボットのシンプルBIM「i-ARM」をはじめとした、様々なソフトウェアのデータを利用し、設計業務を円滑に進めるため、互換性の向上や連携機能の強化を行いました。 また、図面編集に関するコマンドの改良や、構造設計や設備設計向けの新機能、法規や建築計画の専門機能などの機能追加を行いました。

「DRA-CAD15シリーズ」の主な新機能

    ■データ連携、リソース共有による円滑な設計業務をサポート

      ・ AutoCADとのデータ変換
        DWG/DXFデータ読み込み時にCTBファイル(※)を読み込み、印刷の設定に反映します。AutoCADでの印刷時の色と線幅をDRA-CADで再現できます。
          (※CTBファイルとは:DWG/DXFデータを印刷する際に選択する印刷スタイルテーブル(ペン割り当て)です。)

      ・ Jw_cadとのデータ変換
        Jw_cadで表示される色と、印刷された際の線種がDRA-CADで再現できるように変換できます。Jw_cadの基本線色とSXF拡張線色が混在したデータにも対応します。 Jw_cadのカスタマイズされた基本線種や倍長線種、カスタマイズされたSXF拡張線種にも対応します。 また、DRA-CADで表示されている色と、印刷された際の線種をJw_cadで再現されるように変換できます。変換は自動的に行われるため、従来の対応づけを行う設定は不要です。

      ・ i-ARMとの連携
        建築ピボットのシンプルBIM「i-ARM」で生成した図面の編集作業を使い慣れたDRA-CADで行えます。 i-ARMとDRA-CADを持っていれば、i-ARMで三次元モデリングを行い図面を自動生成した後、細部の加筆修正をDRA-CADで手早く行うことが可能です。

      ・ 分散レンダリング
        1つのシーンを複数のPCで分散してレンダリングします。台数が多いほど早くレンダリングが行え、社内にある余力があるパソコンを有効活用できます。



    ■構造設計、設備設計向け機能

      ・帯筋文字
        断面リストなどのスターラップやフープなどを表す文字列を簡単に作ります。ダイアログで指定するだけで、簡単に形状と鉄筋記号、径、ピッチを表せます。

      ・断面性能
        任意の断面形状の断面二次モーメントを計算します。閉じたポリラインで作図するだけで計算できます。単一部材だけでなくラチス材も計算できます。

      ・アイソメ変形
        正面図、側面図等をアイソメ図に変形します。設備図や模式図などで利用できるアイソメ図が簡単に作成できます。アイソメグリッドやコピーアンドペーストで使えるアイソメパーツもご活用ください。



    ■法規など建築専門機能

      ・任意座標求積表
        座標値から開発申請用の任意座標求積表を作成します。作図されている敷地形状から座標値を取得して作表することもできます。

      ・有効換気面積(居室)の計算
        換気のための開口有効面積を計算します。採光計算や無窓階(消防)計算と同じく、計算根拠と結果を表形式で図面に作図できます。

      ・トイレの適正器具数算定
        事務所や店舗、寄宿舎等におけるトイレの適正器具数を算定します。男女別の利用者数と待ち時間等の利用条件を考慮して、あらかじめ想定した3段階のサービスレベルに応じた個数を算出します。



    ■その他の新機能

      ・ポリライン内選択と前回の選択
        ポリライン内選択は、描かれている閉じたポリラインや、ポリライン範囲を指示してその内側の図形を選択できます。前回の選択は、直前に選択された図形を再選択できます。

      ・マルチタッチ対応
        マルチタッチ専用ボタンで、パンや赤ペン、クイックメジャーができます。専用ボタンは、タッチすると画面右下に自動的に表示されます。マルチタッチの操作がこれまでより簡単になります。

会員サービス「DRA-CADアソシエイト」について

    DRA-CADアソシエイトは、設計者・技術者の業務を支援するDRA-CADの会員サービスです。会員は会費以外の費用なしで最新バージョンを取得でき、バージョンアップ機能を先行して利用できます。 会員専用プログラムの利用や関連プログラムの割引購入など、様々な特典があります。

    ●年会費
      一般会員36,000円+税/年      LE会員24,000円+税/年      学校会員3,600円+税/年

出荷時期と購入方法


価格と割引キャンペーン

    ●キャンペーン名称
      DRA-CAD15シリーズ新発売キャンペーン

    ●キャンペーン期間
      2016年11月1日〜2017年3月31日

    ●価格
     DRA-CAD15      建築設計・製図CAD キャンペーン価格
    (2017/3/31まで)
    通常価格
    (2017/4/1以降)
     新規購入 171,000円+税 190,000円+税
     バージョンアップ DRA-CAD14より 45,000円+税 50,000円+税
    DRA-CAD13より 72,000円+税 80,000円+税
    DRA-CAD12以前より 90,000円+税 100,000円+税

     DRA-CAD15 LE      2次元製図CAD キャンペーン価格
    (2017/3/31まで)
    通常価格
    (2017/4/1以降)
     新規購入 85,500円+税 95,000円+税
     バージョンアップ DRA-CAD14 LEより 27,000円+税 30,000円+税
    DRA-CAD13 LEより 36,000円+税 40,000円+税
    DRA-CAD12 LE以前より 45,000円+税 50,000円+税


    ●新製品発表会
      全国各地で新製品発表会を企画しております。内容が決まり次第、弊社ホームページにてお知らせいたします。




建築ピボット

製品ページ
(DRA-CAD14シリーズ)

閉じる